大原孝治完の経歴と経営哲学について

大原孝治は日本の実業家であり、ドン・キホーテの社長です。大原孝治の経歴は1963年生まれの東京都出身で、1993年にドン・キホーテに入社しています。第1号店である府中店に配属され、各商品のコーナーを担当しました。その商品販売手腕が高く評価されると共に、ドン・キホーテの販売戦略に大きく貢献することになります。その後木更津店をはじめ、幕張店や市原店の立ち上げに関わりました。

これら主要店の店長を務めながら、さらに運営手腕に磨きをかけていったわけです。入社2年目となる1995年には、取締役第二営業本部長に就任し、2005年にはリアリット社長に就いています。大原孝治は2013年にドン・キホーテ社長に就任しており、2014年にドンキHDの社長になっています。2017年にはドイトの社長にも就任しており、そのキャリアの幅を広げているわけです。彼は日頃から、体験学習を重ねて人も企業も進化すると述べています。現在置かれている状況こそが、進化の過程の途中だと言えます。大切なことは、顧客のニーズに対して誠意を尽くすことです。成功体験に安住すること無く、常に新たなサービスを創出することが大事だと言います。大原自身が創造的破壊を貫いて、現在に至ってきたわけです。ドン・キホーテは2013年に持株会社に移行し、時代のニーズに柔軟に対応できる体制を整えました。これは会社にとって新たな未来戦略となっており、グローバルな視点にたったワールドワイド経営の基礎を築くわけです。何よりも臆せずに、新しいことにチャレンジすることが大事とされています。新たな取り組みにはリスクが伴いますが、変化することに勇気をもつことが重要になります。

TOP